コンテンツにスキップする

1月の英住宅価格:7カ月連続で上昇、雇用改善で-ネーションワイド

  • 前年同月比では4.4%の値上がり、昨年12月の伸び率は4.5%
  • 雇用市場改善と賃金上昇が住宅市況の追い風となる公算

住宅金融の英ネーションワイド・ビルディング・ソサエティーによると、英国では1月の住宅価格が前月比で7カ月連続の値上がりとなった。雇用市場の改善を追い風に、住宅価格はさらに上昇しそうだ。

  同社が27日発表した1月の英住宅平均価格は前月比0.3%上昇の19万6829ポンド(約3330万円)。前年同月比では4.4%上昇した。昨年12月は4.5%上昇だった。

  ネーションワイドのチーフエコノミスト、ロバート・ガードナー氏は発表資料で「少なくとも全国水準では住宅価格の上昇が緩やかな加速へと傾いた恐れがある」と指摘。ただ、雇用市場の改善と「政策金利が予想されたよりも長期にわたり据え置かれる公算が大きいことから、住宅需要は強まる可能性が高い」との見方を示した。

原題:U.K. House Prices Rise for a Seventh Month, Nationwide Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE