コンテンツにスキップする

米ゴールドマンのライスナー氏、ロサンゼルスに移住し休暇中-関係者

ゴールドマン・サックス・グループの投資銀行部門でマレーシア事業育成に貢献したティム・ライスナー氏が米ロサンゼルスに移り住み、現在は休暇を取っている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  同氏はゴールドマンに約18年勤続のベテランで、直近ではシンガポール勤務の東南アジア部門会長だった。関係者が匿名を条件に述べたところによると、ゴールドマンを退社してはいない。同社はコメントを控えた。

  ライスナー氏のゴールドマンでのアドレスへの電子メールには「休暇中」という自動返信がある。復職の時期は記されておらず、携帯電話に応答はない。

  ドイツ人のライスナー氏は元ファッションモデルでデザイナーのキモラ・リー・シモンズさんと結婚している。マレーシア事業を育てた功労者だが、同国の政府系投資会社1マレーシア・デベロップメントとの取引ではゴールドマンが受け取った高額手数料が耳目を集めた。

原題:Goldman Sachs’s Leissner Said to Move to L.A., Take Leave (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE