コンテンツにスキップする

バンガードの2チーム、モーニングスターのファンド最優秀賞を受賞

  • 債券ファンドではPIMCOの短期ファンド運用チームがトップ
  • ブラウンの小型株ファンドが国内株ファンドで最優秀賞を獲得

インデックス投信で知られる米投資信託会社バンガード・グループの2つのチームが、投信調査会社モーニングスターが選ぶ2015年の最優秀ファンドマネジャーに輝いた。

  モーニングスターの26日の発表によると、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」(運用資産額408億ドル=約4兆8300億円)を運用するジョン・キオ氏とマイケル・レックマイヤー氏は、株式と債券を組み合わせるアロケーション・ファンドの分野で最優秀賞を受賞。「バンガード・マーケット・ニュートラル・ファンド」(同7億5100万ドル)の運用担当者ジェームズ・トロイヤー、マイケル・ローチ、ジェームズ・ステトラーの3氏はオルタナティブの分野で首位の座を占めた。

  「ブラウン・キャピタル・マネジメント・スモール・カンパニー・ファンド」(同24億ドル)のファンドマネジャー5人のチームは、国内株ファンドで最優秀賞を獲得。「アメリカン・ファンズ・ニュー・パースペクティブ」(同600億ドル)のロバート・ラブレース氏を中心とする運用チームは海外株ファンドでトップとなった。

  債券ファンドの分野では「PIMCOショートターム・ファンド」(同137億ドル)の運用に携わるジェローム・シュナイダー氏らが選ばれた。

原題:Two Vanguard Teams Win Morningstar’s Top Fund Awards for 2015(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE