コンテンツにスキップする

米ノーブル・エナジー:設備投資を削減、配当金引き下げ

石油・天然ガス生産会社の米ノーブル・エナジーは26日、石油価格が2014年半ば以来約70%下落する中で、設備投資を削減し、配当金を引き下げると発表した。

  発表資料によると、2016年の設備投資プログラムを50%減の15億ドル(約1780億円)とする。四半期配当は1株10セントと、8セント引き下げる。

原題:Noble Energy Cuts Spending, Dividend to Preserve Cash (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE