コンテンツにスキップする

欧州株:上昇、資源株高い-決算好感でシーメンスとフィリップスに買い

26日の欧州株式相場は上昇。資源銘柄とエネルギー銘柄が反発したほか、ドイツのシーメンスとオランダのフィリップスの決算でセンチメントが改善した。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.9%高の339.20で取引を終了。イラクの石油相がサウジアラビアとロシアが減産反対姿勢を軟化させたと明らかにしたことで原油相場はバレル当たり30ドル台を回復、これを手掛かりに指数は一時2%の下げ幅を解消した。

  シーメンスは8.6%上昇と、2008年以来の大幅高。予想に反して通期利益見通しを上方修正したことが買い材料。フィリップスは6.1%値上がり。医療機器の販売増で四半期利益が予想を上回る伸びとなった。

  バンクハウス・ランプ(デュッセルドルフ)のストラテジスト、ラルフ・ツィマーマン氏は「企業ニュースで株価と原油相場が安定した」とし、「原油と株価は同様の懸念と期待に反応している」と語った。

  原油相場の乱高下は世界の株式相場に影響を及ぼしている。これら2つの資産クラスの相関性は2013年以降で最も近付いた。25日は原油が値下がりし、欧州株も下げに転じた。欧州中央銀行(ECB)が追加刺激策を講じるとの期待から、前週末の2日間は2011年以降で最大となる上げ幅を記録していた。

relates to 欧州株:上昇、資源株高い-決算好感でシーメンスとフィリップスに買い

原題:Miners Lead Europe Stock Gains While Siemens Surges on Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE