コンテンツにスキップする

富豪のポールソン氏、ヘッジファンド会社の与信枠の担保に個人資産

富豪のジョン・ポールソン氏は業績の安定しない自身のヘッジファンド会社ポールソンを支えるため、個人資産を活用することにした。

  同氏はHSBCバンクUSAがポールソン社に供与している与信枠の追加担保として同社の4ファンドへの自身の投資分を差し入れた。先月の米ニューヨーク州への届け出から分かった。ポールソン氏個人への新たな与信枠の担保にもなるという。

  ポールソンの運用資産は投資資産の値下がりと顧客の資金引き揚げでピーク時の半分以下になり、当初の与信枠に対する担保となっていた手数料収入が減少した。

  「会社の資金で与信枠を支えられないなら、誰かが補完しなければならない」とグリーンバーグ・トローリグでヘッジファンド関連の資金繰りを担当する弁護士のトマス・レスリー氏が述べた。

原題:Paulson Pledges Personal Holdings to Back Firm After Assets Fall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE