コンテンツにスキップする

中国発の株安和らぐ、原油30ドル回復-円は118円台

更新日時

26日の金融市場では中国株急落の影響が和らぎ、欧州株は下げ幅を縮めている。原油相場も1バレル=30ドル台を回復した。

  中国の上海総合指数は6.4%安で終了。これに連れてストックス欧州600指数が一時2%下げたが、ロンドン時間午前11時34分現在は0.5%安と戻した。MSCIオールカントリー世界指数も一時の0.8%安から下げ幅を縮め0.4%安。

  ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は0.3%高の1バレル=30.43ドル。一時は29.25ドルまで下げていた。質への逃避で買われていた円は上げを消し、1ドル=118円29銭。ユーロは0.2%安の1ユーロ=1.0833ドル。

原題:China Contagion Fades as European Stocks Pare Drop, Oil Rises(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE