コンテンツにスキップする

なぜドイツ銀のトレーディング収入は落ち込むのか-チャート

ドイツ銀行のジョン・クライアン共同最高経営責任者(CEO)は28日に、昨年通期の損益が2008年以来初めて赤字となった理由を説明しなければならない。

  同行の先週の説明は、投資銀行事業とトレーディングをめぐる「厳しい市場環境」が同行の15年10-12月(第4四半期)の16%減収の主因だというものだった。同行は28日に第4四半期決算を発表する。

   以下のチャートはドイツ銀のトレーディング収入を押し下げている要因を示す。

relates to なぜドイツ銀のトレーディング収入は落ち込むのか-チャート

  *顧客活動が低迷する中でドイツ銀はリスクを減らしている。昨年7-9月(第3四半期)のバリュー・アット・リスク(1日に生じ得る最大損失額、VaR)の平均は04年にデータ公表を開始して以来の最低だった。

relates to なぜドイツ銀のトレーディング収入は落ち込むのか-チャート

  *クライアンCEOはドイツ銀の株式トレーディング部門と合併・買収(M&A)助言、株式引き受け事業を拡大しようとしており、必要資本の大きい債券トレーディング業務は縮小している。業務縮小による収入減は避けられない。

relates to なぜドイツ銀のトレーディング収入は落ち込むのか-チャート

  *ブルームバーグのデータによれば、米銀大手5行を合わせた投資銀行・トレーディングの昨年第4四半期収入は前年同期比4.9%減だった。欧州の投資銀行として最初に決算を発表するドイツ銀もこの減収傾向に追随する公算だ。

原題:Why Deutsche Bank’s Trading Revenue Is Slumping in Three Charts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE