コンテンツにスキップする

独シーメンス、CD-アダプコを1150億円で買収へ-工業用ソフト強化

欧州最大のエンジニアリング会社であるドイツのシーメンスは、米CD-アダプコを9億7000万ドル(約1150億円)で買収する。ジョー・ケーザー最高経営責任者(CEO)は工業用ソフトウエア市場での事業拡大を目指している。

  25日のシーメンスの発表によると、株式による買収となる。ニューヨーク州メルビルを本拠とするCD-アダプコは工学プロセスのシュミレーションに使われるプログラムなどを提供している。昨年度の売上高は約2億ドル。過去3事業年度に為替の影響を除くベースで年12%を超える増収率を達成した。

  原油安で石油・ガス業界からの受注が減少する中、シーメンスは26日にミュンヘンで年次株主総会を開く。ケーザーCEOがソフトウエア市場での同社の取り組みに株主の関心を引きつける上で今回の買収は役立つもようだ。

原題:Siemens Acquires CD-adapco For $970 Million in Software Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE