コンテンツにスキップする

中国のディーゼル油需要、2年連続で減少-天然ガスとガソリンは増加

  • 鉱工業生産の伸び鈍化に伴いディーゼル油需要が後退
  • 自動車販売が過去最高に達しガソリン需要は増加

中国経済が工業向け投資から消費主導の成長へと移行する中、同国のディーゼル油需要が2年連続で減少した。ガソリンと天然ガスの需要は増加した。

  国家発展改革委員会(発改委)がウェブサイトで発表した資料によると、ディーゼル油需要は昨年、前年比で3.7%減少し、2014年の1.5%を上回る落ち込みを示した。ガソリン需要は7%、天然ガスは5.7%それぞれ増加した。

  中国の燃料需要はまちまちな景気動向を反映したものとなっている。世界最大の自動車市場である中国ではガソリン需要が増加する一方、鉱工業生産の冷え込みに伴ってディーゼル油需要が後退している。中国の鉱工業生産は昨年6.1%増と、少なくとも記録が残っている1999年以降で最低の伸びを示した。一方、昨年過去最高に達した中国の自動車販売は今年、6%増加すると予想されている。

原題:China Diesel Use Slumps as Natural Gas, Gasoline Demand Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE