コンテンツにスキップする

ロシア:2015年GDPは3.7%減、09年以来の大幅後退-原油安響く

ロシアの2015年国内総生産(GDP)は09年以来の大きな落ち込みとなった。主要輸出品である原油の値下がりとウクライナ紛争をめぐる制裁が響いた。

  連邦国家統計局が25日、ウェブサイトに掲載した推計値によると、15年GDPは前年比3.7%減。14年は0.6%増だった。ブルームバーグがまとめた調査では15年は3.8%減が見込まれていた。

  ダンスケ銀行のストラテジスト、ウラジーミル・ミクラシェフスキー氏は「ロシア経済は大規模な調整の過程にある。今はまだ原油依存の経済だ」と話し、ルーブル安などが追い風となるものの回復への道は遠いと指摘した。

原題:Russian Economy Shrinks Most Since 2009 as Oil Prices Sink (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE