コンテンツにスキップする

オフショア人民元の下げ、止まる-国営新華社は元の空売りをけん制

  • 香港オフショア市場の人民元は1ドル=6.6127元とほぼ変わらず
  • 新華社の論説は投機筋への非常に明確なメッセージだとキャロー氏

香港オフショア人民元は25日、対ドルでほぼ変わらず。中国が口先介入を強化し、元安を見込んだ取引を手掛ける投機筋をけん制したことが材料視された。

  国営の新華社通信は23日の論説で、中国当局が人民元相場の安定化に向けた対策を講じるため、元の空売りを仕掛けようとする投資家は「巨額の損失を被る」ことになると主張した。

  ウエストパック銀行の為替ストラテジスト、ショーン・キャロー氏(シドニー在勤)は、「新華社の論説は投機筋に対する非常に明確なメッセージだ」と指摘。「資本フローの制限で一段の微調整が行われる可能性もあるが、短期的には安定した中心レート設定と介入が主な手段となる公算が大きい」とコメントした。

  ブルームバーグの集計データによると、香港オフショア市場の人民元は現地時間午後4時51分(日本時間同5時51分)現在、1ドル=6.6127元とほぼ変わらず。前営業日までの4日間では0.4%下げていた。

  中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、上海市場の人民元もほぼ変わらずの1ドル=6.5793元。25日の中心レートは0.02%元高方向の6.5557元に設定された。

原題:Offshore Yuan Halts Drop as Xinhua Says Short Sellers Will Lose(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE