コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:中国株が上昇-香港、インドも上げる

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下の通り。

【中国・香港株式市況】

  25日の中国株式市場で、上海総合指数が上昇。石炭株と鉄鋼銘柄が堅調だった。中国政府がこうした業種の過剰生産能力と余剰人員を追加削減すると表明したことが買い材料になった。

  上海総合指数は前週末比0.8%高の2938.52で引けた。鞍鋼軋鋼(000898 CH)が6%を超える値上がり。中国当局は粗鋼生産能力をさらに最大1億5000万トン削減し、石炭生産能力も「大規模」に減らすことを目指すなどの供給サイド改革の詳細を公表した。

  CSI300指数は同0.5%高で終了。エネルギーや素材、医薬品株が上げの中心。大同煤業(601001 CH)が4.6%高、エン州煤業(600188 CH)は5.9%上昇。宝山鋼鉄(600019 CH)は2.6%高となった。

  華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は、「一連の対策は恐らく過剰生産能力を抱える業種が需給バランスを取り戻すことに寄与するだろう」と説明。「供給サイドを改革しなければ、こうしたセクターの価格や利益率は恐らく悪化する。だが、見通しは改善しつつあるとみている」とコメントした。

  香港市場では、中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が前週末比0.8%高で引けた。ハンセン指数は同1.4%高で終了。

(上海総合指数のグラフ:SHCOMP <Index> GP YTD)
(ハンセン指数のグラフ: HSI <INDEX> GPO)

【インド株式市況】
 
  25日のインド相場は上昇し、指標のS&P・BSEセンセックスは2日間の上げ幅が昨年10月以来の大きさとなった。世界の主要中央銀行が刺激策を拡大するとの観測で、新興国株式が買われた。

  タタ・スチールは約3週間ぶりの高値まで上げ、コール・インディアは2日間の上げ幅が過去約4カ月間で最大。中国政府がこれら業種の過剰生産能力を追加削減すると表明したことが買い材料となった。製薬会社サン・ファーマシューティカル・インダストリーズは1カ月ぶり大幅上昇。利益が予想を上回ったHDFC銀行は3営業日続伸。 

  指標のS&P・BSEセンセックスは前週末比0.2%高の24485.95で終了。一時0.9%高まで買い進まれたが、原油相場が下げに転じたことを受けて上げ幅を縮小した。22日は2%高と急伸していた。

(S&P・BSEセンセックスの動向: SENSEX <Index> GPO D)

【オーストラリア株式市況】

  S&P/ASX200指数は前週末比1.8%高の5006.56。

(S&P/ASX200指数のグラフ: AS51 <INDEX> GP)

【韓国株式市況】

  韓国総合株価指数は前週末比0.7%高の1893.43。

(韓国総合株価指数の日中価格グラフ: KOSPI <INDEX> GIP)

【台湾株式市況】

  加権指数は前週末比1.8%高の7894.15。

(台湾加権指数のグラフ: TWSE <INDEX> GP D)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE