コンテンツにスキップする

野党、25日中の説明求める-甘利再生相の金銭授受報道

  • 衆院本会議の代表質問控え説明責任果たすよう民主・福山氏が求める
  • 自民・棚橋幹事長代理は28日に甘利氏が明確にするとの認識

甘利明経済再生相に関する不正な金銭授受報道に関して、野党は早期の疑惑解明を求めている。24日のNHK日曜討論で民主党の福山哲郎幹事長代理は「金銭を受け取ったか受け取っていないかぐらいは、記憶があいまいというのは国民の感覚からしても考えられない。疑惑をまず晴らしてほしい」 と指摘。26日から衆院本会議で代表質問が始まることから、25日の月曜日に説明責任を果たすよう求めた。

  同番組で自民党の棚橋泰文幹事長代理は「甘利大臣は自身が速やかに期限を切って説明責任を果たすと明言した。これに尽きる」と説明。28日に甘利大臣が明確にするとの認識を示した。

  スイスで開催中のダボス会議に出席中の甘利氏は23日(現地時間)、ブルームバーグ・テレビに対して金銭授受疑惑について週内に会見できるようにしたいと語った。また、安倍首相に迷惑をかけていることにはじくじたる思いであり、もう少し明るい気持ちでダボスに来たかったとも述べた。

  21日発売の週刊文春は千葉県内の建設会社の総務担当者の話として、甘利氏側との金銭授受があったことを掲載。同誌は、こうした資金提供が政治資金規正法やあっせん利得処罰法違反の疑いがある、との弁護士の指摘を紹介している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE