コンテンツにスキップする

米グーグル、220億円の追加納税で英税務当局と合意

米グーグルの親会社アルファベットは、欧州での過去の納税をめぐる英歳入関税庁(HMRC)の調査について、1億3000万ポンド(約220億円)を追加納税し決着することで合意した。

  グーグルが22日に電子メールで配布した発表資料によれば、同社は英国での納税に新たな手法を採用。2005年以降の税金の滞納分を納めることとなる。

原題:Google Agrees to Pay $185 Million in U.K. Tax Settlement (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE