コンテンツにスキップする

アメリカン・エキスプレスが下落、2009年以来の大幅安-減益を嫌気

22日の米国株式市場でクレジットカード会社、アメリカン・エキスプレス(アメックス)が下落。一時7年ぶりの大幅安となった。同社の昨年10-12月(第4四半期)決算で利益が前年同期比38%減少したことが嫌気された。減収と経費拡大が大幅な減益につながった。

  ニューヨーク時間午後2時28分現在、同社の株価は12%下げて55.13ドル。年初来では21%値下がりしている。昨年は25%下落した。

  21日の発表資料によると、アメックスの総収入は7.6%減の83億9000万ドルと、ブルームバーグが集計したアナリスト20人の予想平均と同水準だった。  

原題:American Express Tumbles Most Since 2009 as Profit Falls 38% (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE