コンテンツにスキップする

米レッグ・メイソン、株価が5カ月で最大の下げ-赤字決算を嫌気

  • レッグ・メイソン株は一時6.8%安
  • 10-12月期の純損益は1億3860万ドルの赤字

22日の米株式市場で、資産運用会社レッグ・メイソンの株価が下落。一時5カ月で最大の下げとなった。10-12月(第3四半期)決算で純損益が赤字となったことが嫌気された。

  レッグ・メイソン株は一時、前日比6.8%安となった。これは昨年8月24日以降で最大の下落率。同社が発表した10-12月期の純損益は1億3860万ドル(約164億6000万円)の赤字となった。前年同期は7700万ドルの黒字だった。

  10-12月期はヘッジファンド事業のパーマルに関連した減損費用3億7100万ドルが響いた。レッグ・メイソンは22日、ヘッジファンド投資を手掛けるエントラスト・キャピタルとパーマルを統合すると発表した。統合後の名称はエントラストパーマル。

原題:Legg Mason Falls Most in Five Months After Reporting Net Loss(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE