コンテンツにスキップする

米中古住宅販売:12月は14.7%増-15年年間では06年以来の高水準

  • 販売件数の伸び率は過去最大-新規制への対応進み反動増
  • 住宅価格の中央値は12月に上昇-在庫は減少

昨年12月の米中古住宅販売は市場予想を上回る伸びとなった。気温が高めに推移したことも販売を後押しした。2015年年間では06年以来の高水準となった。

  全米不動産業者協会(NAR)が22日発表した12月の中古住宅販売件数(季節調整済み、年換算、以下同じ)は前月比14.7%増の546万戸。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は520万戸への増加だった。15年年間では526万戸と、前年の494万戸から増加した。

  マリア・フィオリニ・ラミレスの米国担当チーフエコノミスト、ジョシュア・シャピロ氏は中古住宅販売に関する新たな規制の影響について、「11月は販売件数が押し下げられたが、新規制への調整が進んだことから反動が出た」と指摘。「平均して考えれば、実際の状況はこの2カ月の中間辺りだろう」と続けた。

  12月の中古住宅価格(中央値)は前年同月比7.6%上昇して22万4100ドル。中古住宅在庫は179万戸に減少した。販売に対する在庫比率は3.9カ月と、前月の5.1カ月から低下し、05年1月以来の低水準となった。NARによれば、在庫比率が5カ月を下回ると、市場が引き締まっていると見なされる。

Fewer Existing Homes for Sale

  12月の中古住宅の購入者全体に占める初回購入者の割合は32%と、前月の30%から上昇し、8月以来の高水準となった。

  一戸建て住宅の販売は16.1%増の482万戸、集合住宅は4.9%増の64万戸だった。

  地域別に見ると、全米4地域全てで販売が増加。最も伸びたのは西部で23%増。このほか南部で14.6%、中西部も10.9%増えた。

原題:Existing U.S. Home Sales Rise to Close Out Best Year Since 2006(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE