コンテンツにスキップする

米GE:10-12月は売上高が予想下回る-エネルギー部門低調で

更新日時

米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)の2015年10-12月(第4四半期)決算は、売上高がアナリスト予想を下回った。世界的な景気低迷で、再生可能エネルギーや石油・ガスの部門で売り上げが落ち込んだ。

  10-12月期の調整後の売上高は338億ドル(約4兆円)で、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想の359億ドルを下回った。売上高が市場予想を下回るのは過去8四半期で7回目。22日の米株式市場でGE株は下落している。

  GEの発表によれば、石油・ガス部門の売上高は16%減、利益は19%減った。北海ブレント原油は過去1年半の間に急落し、バレル当たり30ドル付近となっている。今週に入ってからは2003年以来の安値を付けた。

GE in Transformation

  製造業関連では半分の部門で売上高が落ち込んだ。再生可能エネルギー部門は16%減。

  GE株はニューヨーク時間午前9時46分現在、前日比1.8%安の28.07ドル。ダウ工業株30種平均の構成銘柄中で2番目に大きな下落率となっている。

  10-12月期の調整後ベースの1株利益は52セントと、アナリスト予想の49セントを上回った。

原題:GE Sales Miss Estimates as Energy Divisions Post Declines (1)(抜粋)

(新たな情報を加え、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE