コンテンツにスキップする

コロンビア財務相:複数の邦銀が計15億ドルの与信枠提供に関心

  • 邦銀側はドル建て国債利回りを約1ポイント下回る金利が可能と示唆
  • カルデナス財務相がスイスのダボスでインタビューに答えた

コロンビアのカルデナス財務相は21日、同国に対し日本の複数の銀行が合わせて15億ドル(約1800億円)の与信枠を提供することに関心を寄せていると述べた。今年の外債発行を通じ借り入れを計画していた分だという。

  スイスのダボスでの世界経済フォーラム(WEI)年次総会(ダボス会議)に参加している同相はインタビューで、指標のドル建てコロンビア国債の利回りを約1ポイント下回る金利での融資を提供できることを銀行側が示唆していると語った。コロンビア国債(2026年償還)の利回りは同日、0.1ポイント低下の5.62%。

  カルデナス財務相は「潤沢な資金を持つ幾つかのアジアの銀行がダボスで接触してきている。特に日本の銀行は15億ドルの与信枠提供に関心を持っている。コロンビアにとっては好機となり得るだろう」と説明。同相は打診してきた銀行の具体名には言及せず、ブルームバーグとの別のインタビューではユーロ建てでの資金調達の可能性も探っていることを明らかにした。

原題:Colombia Offered $1.5 Billion in Loans by Japanese Banks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE