コンテンツにスキップする

原油相場、回復が一時的でないこと示すには34ドル突破必要-チャート

テクニカル分析に基づけば、原油相場の下げ止まりが示唆されるようになるのは、まだ若干先のこととなりそうだ。

  ニューヨーク市場の原油先物は2003年5月以来の安値から反発・続伸し、1バレル=30ドル近辺で推移しているものの、上昇が一時的なものではないことを示すには34ドルを突破する必要があると、CMCマーケッツは指摘する。

Closing the Gap: Oil Needs to Rally Further

  CMCマーケッツ(シドニー)のチーフアナリスト、リック・スプーナー氏は電話インタビューで「重要な修正局面に入って上昇していることを示唆するには、昨年12月時点での安値に近い34ドルを突破する必要があるだろう。それが直近の抵抗線エリアだが、現在の水準からは遠い」と述べた。

原題:Oil Must Go Past $34 to Show Rally Is No Fleeting Rebound: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE