コンテンツにスキップする

香港H株指数、6年ぶり安値から反発-上海総合指数も上昇

更新日時
  • エネルギー株が高い、政府が供給サイドの改革を表明
  • 中国は株式市場への介入を続けると、李国家副主席が発言

香港に上場する中国本土株の指標、ハンセン中国企業株(H株)指数は22日、前日の約6年ぶり安値から反発した。エネルギー銘柄が高くなった。原油相場が上昇したほか、経済成長を圧迫している石炭業界などの過剰生産能力を抑制する方針を中国政府が示したことが手掛かり。

  H株指数は前日比3.4%高の8104.98で終了。昨年10月以来の大きな上昇率となった。ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は7.9%高、中国神華能源(1088 HK)は10%上げた。長城汽車(2333 HK)が6.8%高となるなど、自動車銘柄も買われた。ハンセン指数は同2.9%高で引けた。

  中国本土市場では、上海総合指数が前日比1.3%高。週間ベースで4週間ぶりに上げに転じた。CSI300指数はエネルギー株やテクノロジー株を中心に上昇し、前日比1%高で取引を終えた。

  IGアジアのストラテジスト、バーナード・アー氏(シンガポール在勤)は相場反発について、「原油相場の回復や欧州中央銀行(ECB)の追加緩和への期待を背景に、世界的に地合いが改善したためかもしれない」と指摘。さらに、「ボラティリティ(変動性)を抑えるため株式市場への介入を続けるとの李源潮中国国家副主席の発言が、『国家チーム』はプレゼンスを維持し、株価を下支えするという意味に受け取られた可能性がある」と述べた。

原題:Chinese Stocks Rise as H-Shares Gauge Rebounds from Six-Year Low(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE