コンテンツにスキップする

人民元の空売り、仕掛けにくく-中国当局の防衛でコスト上昇

  • 1カ月物NDFのインプライドイールド、年率11.4%に
  • 主要31通貨中でブラジル・レアルとアルゼンチン・ペソに次ぐ高水準

中国人民元の下落から利益を得ることを目指す取引のコストが、一段と割高になりつつある。

  ブルームバーグの集計データによると、人民元の空売りコストを反映する元の1カ月物ノンデリバラブル・フォワード (NDF)のインプライドイールドは21日、年率11.4%に上昇した。昨年10月末時点は約4%だった。主要31通貨の中でブラジル・レアルとアルゼンチン・ペソに次ぐ3番目の高水準となった。

  中国からの資本流出が人民元の価値下落につながるとみて、NDFを使った人民元売りを行うトレーダーが増えており、元の空売りコストはこうした中で上昇している。当局が本土外への元の供給を減らし、銀行に投機制限を要求するなどして資金の流出入に関する規制を強めていることも、空売り投資家の資金調達コストを押し上げている。

Yuan Becomes High Yielding Currency

  HSBCグローバル・アセット・マネジメントで200億ドル(約2兆3600億円)相当の運用に携わるビンチー・リュウ氏は電話取材に対し、「インプライドイールドの上昇で人民元の空売りはより困難になり、それが元相場を支える」と指摘。「人民元への大規模な下落圧力がかかればかかるほど、中国当局は元の防衛を強める」と述べた。

原題:Yuan Short Sellers Are Paying Up as China Squeezes Their Funding(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE