コンテンツにスキップする

政策説明は明確に-ダボス会議で中国当局に注文

  • 「コミュニケーションの問題がある」-ラガルドIMF専務理事
  • 「われわれは皆、明確さを望んでいる」-ゴールドマンのコーン社長

スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で21日、中国本土株と人民元のボラティリティ(変動性)拡大を踏まえ、中国は経済政策をより明確に説明して市場に伝える必要があるとの指摘がなされた。

Key Speakers At The World Economic Forum (WEF) 2016

  ブルームバーグが主催したパネル討論会に参加した国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、市場の役割を高める為替レート形成に移行する中国のやり方をめぐる混乱に触れ、「コミュニケーションの問題がある」と言及、「コミュニケーションが増え改善されれば、移行の改善に確実に寄与するだろう」と述べた。

  ゴールドマン・サックス・グループのゲーリー・コーン社長は、「コミュニケーションは本当に重要だ」と論じ、中国の政策当局に市場の役割拡大に向けたシフトを「堅持」するよう促した。その上で、「われわれは皆、明確さを望んでいる」と語った。

原題:Davos China Delegates Urged to Communicate Better After Turmoil(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE