コンテンツにスキップする

米国株は上昇、NY原油は29ドルに接近-ドラギ発言で欧州株も高い

21日の世界金融市場では米国株が上昇。ニューヨーク原油先物はバレル当たり29ドルに迫った。これを受けてエネルギー株に買いが入っている。欧州中央銀行(ECB)が刺激策を追加する可能性があるとの見方が広がり、欧州株が上昇した一方、ユーロは下落している。

  S&P500種株価指数は上昇、前日は1年9カ月ぶりの安値をつけていた。ダウ工業株30種平均はこの日、150ドル超上げている。ドラギECB総裁の発言を背景に欧州のストックス600指数は1カ月ぶりの大幅高となり、ユーロは対ドルで0.5%下落。

  SEBのクロスアセット戦略責任者、トマス・ティゲセン氏(コペ ンハーゲン在勤)は「ドラギ総裁の発言は3月に追加緩和が行われる可能性が非常に高いことをかなり明確に示唆した」と指摘。「ハト派のECBは市場が求めていた材料の一つではあるが、それだけではセンチメントを本当に改善させるには不十分だ。米金融政策当局が年内4度の利上げを実施することはないとの姿勢を示す必要がある。しかし少なくとも、少しだけはより楽観的になれる」と続けた。

  ニューヨーク時間午前11時5分現在、S&P500種は1%高。ストックス600指数は2%上昇。

原題:U.S. Stocks Extend Gains as Oil Rebounds; Europe Shares Climb(抜粋)
U.S. Stocks Rise as Oil Nears $29; Europe Shares Climb on Draghi(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE