コンテンツにスキップする

原油価格は7-12月に2倍に上昇か-ノルウェーの銀行最大手DNB

  • 2017年にはブレント原油の需給バランスが改善される見通し:DNB
  • 海洋補給船やリグのセクターでM&Aが加速する可能性

原油相場の下方スパイラルは終了し、価格は今年7-12月(下期)に2倍に上昇するとの見通しをノルウェー最大の銀行DNBが示した。

  DNBマーケッツの責任者、オッタル・エルトサイド氏はオスロで開催された会議でのインタビューで、「市場は2017年に需給バランスが違ってくると予想するだろう。それが原油市場の心理の変化につながる。市場心理は急速に変化し得る」と指摘した。

  西欧最大の石油輸出国であるノルウェーで最大の銀行であるDNBは、原油市場動向を継続して注視している。同行は7-12月に北海ブレント原油価格が1バレル=65ドルに上昇すると予想している。原油価格は今週、28ドルを割り込み、12年ぶりの安値を付けた。 

  石油関連企業の多いノルウェーの株価は原油下落に伴って下げ、OBX株価指数は昨年の高値から23%低下している。これにより合併・買収(M&A)が進む可能性があるとエルトサイド氏は指摘する。

Oil Drags Down Oslo Stock Exchange

  同氏は「原油安で最も苦境に陥り、財務面の見直しが進んでいる海洋補給船セクターやリグ(掘削装置)セクターでM&Aが増える可能性がある」と指摘。「こうした状況下で新規資金がこの市場に流入する可能性が生まれる」との見方を示した。  

原題:Norway’s Biggest Bank Sees Crude Oil Prices Doubling This Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE