コンテンツにスキップする

ブラックロックのケステリッヒ氏:株価と原油に一段の下落余地

  • 米国株は買いが入るのに十分なほど下げていない-ケステリッヒ氏
  • 底入れが示唆されるためにはファンダメンタルなきっかけが必要

ブラックロックのグローバルチーフ投資ストラテジスト、ラス・ケステリッヒ氏は、市場の底入れが示唆されるためには企業業績か経済統計、中国景気の改善といったファンダメンタルなきっかけが必要との見方を示した。

  ケステリッヒ氏はインタビューで「この状況が行き過ぎだと市場関係者らが確信するためにはファンダメンタルズ(基礎的諸条件)が若干安定する必要がある」と指摘。「降伏に近づいていることは確かだ。下落の度合いがそれを示唆している」と述べた。

  ケステリッヒ氏は、米国株は割安になっているが、投資家が買いに転じ始めるには不十分だと指摘。弱気相場入りする可能性は極めて高く、その時点で米国株はファンダメンタルな価値を示すことから買いが入るだろうと語った。

  同氏は原油価格について、底を打ったかどうかは不明とし、その理由としてシェール企業の効率性が向上していることと、中東では多くの生産者の生産コストが低下していることを挙げた。

原題:BlackRock’s Koesterich Says Stocks, Oil Have Further to Fall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE