コンテンツにスキップする

ゴールドマン:報酬比率3年ぶり高水準、11年以来初の上昇-チャート

ゴールドマン・サックス・グループは2015年に収入に対する報酬の比率を引き上げ、3年ぶりの高水準とした。投資管理業務の収入は過去最高、合併・買収(M&A)助言手数料は2007年以来の高さだった。

Paying Your People

  15年の収入に対する報酬の割合は37.5%だった。同社が20日明らかにした。これは37.9%だった12年以降で最も高く、報酬比率の引き上げは11年以来。11年は前年の39.3%から42.2%に上昇していた。

原題:Goldman Sachs Increases Pay Ratio to Most in Three Years: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE