コンテンツにスキップする

米マクドナルド、「ゾーン・プレジデント」職一部廃止-合理化の一環

外食チェーンの米マクドナルドは再建計画の一環である経営スリム化の取り組みで、米国事業の「ゾーン・プレジデント」職4つを2つに減らす。

  マクドナルドは19日の発表資料でノースイースト、サウス、セントラル、ウエストの4つのゾーンのうち、サウスとウエストのプレジデントが退職することを明らかにした。これまで負ってきた職務は他のマネジャーが分担する。今回の組織再編はスティーブ・イースターブルック最高経営責任者(CEO)が推し進める合理化計画で最新の試み。

原題:McDonald’s Revamps U.S. Management to Remove Two Zone Presidents(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE