コンテンツにスキップする

米メットライフ:NY年金基金と不動産事業を設立-1640億円超規模

  • 同社は運用ポートフォリオの権益49.9%を同年金基金に売却
  • ポートフォリオにはオフィススペースなど不動産物件7件が含まれる

米最大の保険会社メットライフは、ニューヨーク州共同退職年金基金と不動産事業を設立した。当初の運用ポートフォリオは14億ドル(約1640億円)超と評価されている。同社は資産運用の拡大を目指している。

  19日の発表資料によると、メットライフはポートフォリオの権益49.9%を同年金基金に売却した。ポートフォリオには米主要市場のオフィススペースを中心に計約370万平方フィート(34万平方メートル)の不動産物件7件が含まれ、メットライフの資産運用部門が運用にあたる。

原題:MetLife Forms $1.4 Billion Property Venture With N.Y Fund (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE