コンテンツにスキップする

中国株、3日ぶり反落-景気減速懸念で商品関連銘柄が安い

20日の中国株式相場は3営業日ぶりに反落。景気減速で企業利益が損なわれるとの懸念から、商品関連銘柄を中心に下げている。

  上海総合指数は現地時間午前9時42分(日本時間同10時42分)現在、前日比0.6%安の2990.16。19日は3.2%高と、約2カ月ぶりの大幅上昇で引けていた。

原題:China Stocks Fall as Commodity Shares Slump on Economic Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE