コンテンツにスキップする

米マイクロチップがアトメル買収で合意、現金と株式で-4180億円規模

  • 英ダイアログ・セミコンダクターとの買収合戦に勝利
  • アトメルの株主はマイクロチップの提案でより多くの現金を得られる

米半導体メーカーのマイクロチップ・テクノロジーは同業の米アトメル買収で合意したと発表した。

  両社の19日の発表文によると、マイクロチップはアトメル株1株に対し現金7ドルと株式で計8.15ドルを支払う。株式部分はマイクロチップ株の終値10営業日平均をベースに1.15ドルに相当する普通株を提供。35億6000万ドル(約4180億円)規模の買収となる。

  マイクロチップのスティーブ・サンギ最高経営責任者(CEO)は発表文で「半導体業界の再編に伴い、マイクロチップは一連の買収を通じて成果の大きい再編戦略を推進しており、それがここ数年、既存事業との比較で売り上げが倍のペースで伸びることにつながっている」と指摘した。

  アトメルは英ダイアログ・セミコンダクターに買収されることで合意していたが、マイクロチップは買収合戦を制することになった。

  「ダイアログの提案と比べ、アトメルの株主はマイクロチップからより多くの現金を受け取ることができる。マイクロチップの株を保有することで一段の上振れ機会も見込まれる」とアトメルのスティーブン・ローブCEOは発表文で指摘した。

原題:Microchip Technology Acquires Atmel for $3.6 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE