コンテンツにスキップする

米アマゾンが日用品の自動補充サービス-買い置き切れる心配なし

  • 「ダッシュ・リプレニッシュメント」が補充の必要を検知
  • プリンター用インクの残量減ると自動的にアマゾン経由で発注

アマゾン・ドット・コムの顧客は、子供の大きな学校行事を控えた土曜の夜遅くにプリンターのインク切れに再び見舞われることはなくなりそうだ。

  ブラザー工業が製造する一部プリンターやゼネラル・エレクトリック(GE)製食器洗い機などの製品は、アマゾンの補充品自動発注サービス「ダッシュ・リプレニッシュメント」プログラムに参加する第一陣だ。プリンターや食洗機にはインクや洗剤の残量を検知するセンサーがあり、残量が少なくなるとアマゾン経由で自動発注する。

  この機能はスピードと便利さを追求するアマゾンの最新の取り組み。オンラインショッピングで消費者は実店舗に買いに行く手間を省けるが、「ダッシュ・リプレニッシュメント」機能があれば、自宅の在庫について考える必要もなくなる。

  スマート家電メーカーにとっては、店頭で他のブランドと競合することなく自社ブランドの補充品を顧客に販売できる。商品配送は自動化されるため、アマゾンにとってもシェア拡大につながる。
  
原題:Amazon Wants You to Never Run Out of Home Essentials Again(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE