コンテンツにスキップする

児童労働で採掘のコバルト使用か、人権団体がアップルやサムスン非難

  • コバルトはスマートフォンやノート型パソコンの電池に重要な材料
  • コンゴでの生産の最大20%は児童労働に依存する鉱山で産出の可能性

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによると、コンゴ民主共和国からコバルトを調達して米アップル韓国サムスン電子などの携帯電話やノート型パソコン(PC)メーカーに供給する中国企業は、供給元を十分に調査しておらず、児童労働に依存する鉱山で産出されるコバルトを購入している可能性がある。

  コンゴはコバルト生産で世界最大で、昨年の生産量は推定6万7735トン。大部分は産業採掘されるが、最高2割は南東部カタンガ州にあり大人も子供も危険な状況で作業している採掘現場で産出されているという。アムネスティとコンゴの非政府組織(NGO)アフリカン・リソーシズ・ウォッチが19日、報告書で指摘した。

  アムネスティによると、アップルは中国の主要なサプライヤーが加工したコバルトを含む部品の購入に関する質問に対して、直接的な回答はしていない。同社は「労働・環境リスクや、効果的で測定可能かつ持続可能な変化をもたらす機会を見極めるため、コバルトを含めてさまざまな多数の資源について」評価しているとの見解をアムネスティに示したという。ブルームバーグ・ニュースによる18日の取材に対し、アップルはそれ以上のコメントを避けた。

  サムスンはアムネスティの研究者が指摘した会社から供給を受けていることを認めたが、カタンガの鉱山で産出されたコバルトかどうかは判断するのは「不可能だ」と説明したという。

  アムネスティは今回の調査について、「透明性の必要性を浮き彫りにするものだ。透明性がなければ、多国籍企業は製品に使用される原材料がどこでどう採掘されたかを検証せずに児童労働のような人権侵害の状況から利益を得る可能性がある」と指摘した。
  

Democratic Republic of Congo

MAP: Democratic Republic of Congo

原題:Tech Giants Accused by Amnesty of Using Cobalt Dug by Children(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE