コンテンツにスキップする

米ツイッター株が最安値更新、ウェブサイトでアクセス障害

簡易ブログ運営の米ツイッターの株価が19日、過去最安値を更新した。同社のウェブサイトで障害が発生し、ユーザー数百万人がアクセスできない状態となり、同社のユーザー数拡大と売り上げ増への取り組みに懸念が強まった。

  同社のソフトウエアエンジニアがサービスに変更を加えた後、5時間余りにわたり検索やニュース配信などのサービスが利用できなくなった。同社株は19日、一時8.4%安の16.43ドルまで売られた。終値は7%安の16.69ドル。2013年11月の新規株式公開(IPO)価格は26ドルだった。年初来では28%下げている。

  ツイッターはウェブサイトで障害について、「内部コード変更に関連した問題だった」と説明。「変更前の状態に戻して、問題を解決した」ことを明らかにした。

原題:Twitter Stock Hits New Low Amid Struggles to Keep Website Up (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE