コンテンツにスキップする

金持ち中国人、元安でも日本で爆買い-外国人旅行者の41%占める消費

  • 人民元と株価が下落でも、中国本土からの旅行者は2015年に倍増
  • 人民元は昨年8月以降に円に対して11%下落

2015年に日本を訪れた外国人旅行者の人数と滞在時の消費額はともに、過去最高となった。人民元の下落や株安に見舞われたにもかかわらず、中国本土からの旅行者は500万人と倍増した。

relates to 金持ち中国人、元安でも日本で爆買い-外国人旅行者の41%占める消費

  人民元は昨年8月以降に円に対して11%下落。それでも中国からの旅行者は昨年の訪日外国人の4分の1を占めた上に、彼らの消費額は全体の41%を占めて、いわゆる「爆買い」健在を示した。

  ただ、人民元安に加えて中国の2015年経済成長率は25年ぶりの低水準となり、需要継続に疑問符も付く。今後の需要期待を人民元安が確実に抑えると、三井住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジストは指摘している。

  政府観光局の推計値によると、昨年訪日した外国人観光客数は1973万7400人、消費額は3兆4771億円だった。

原題:Wealthy Chinese Visitors Drive Record Year for Japanese Tourism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE