コンテンツにスキップする

米ユナイテッドヘルス:利益が予想上回る、オバマケアでは損失計上

  • 2016年の営業利益予想は1株当たり7.60-7.80ドルを維持
  • ユナイテッドヘルスはオバマケアから来年撤退の可能性に言及

米医療保険最大手のユナイテッドヘルス・グループの昨年10-12月(第4四半期)決算は利益がアナリスト予想を上回った。テクノロジーおよびコンサルティング事業で利益が増加し、医療保険制度改革法(オバマケア)関連事業での損失を補った。

  同社は医療保険制度改革法に基づき設置された新規市場で販売された医療保険商品で7億2000万ドル(約850億円)の損失を計上した。昨年11月に同オバマケア市場で損失を見込んでいると明らかにしていた。同社はオバマケアから来年撤退する可能性があるとこれまで言及している。

United Health Rose 4.6% in 12 Months

  営業利益は1株当たり1.40ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の1.38ドルを上回った。純利益は12億5000万ドル(1株当たり1.26ドル)で、前年同期の15億1000万ドル(同1.55ドル)から減少した。

  2016年の営業利益は1株当たり7.60-7.80ドル、売上高は1800億ドル超になるとの見通しを維持。アナリスト予想は1株当たり7.73ドルとなっている。

原題:UnitedHealth Tops Estimates, Overcoming Obamacare Losses (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE