コンテンツにスキップする

オフショア人民元、下落-予想下回る中国成長率で追加緩和観測

  • 中国の10-12月GDPは前年同期比6.8%増と、09年以来の低成長
  • 人民銀は成長支援で追加緩和に踏み切ると、バークレイズ予想

オフショア人民元は19日、対ドルで下落。中国の2015年10-12月(第4四半期)国内総生産(GDP)が09年以来の低い伸びにとどまったことを受け、中国当局が金融政策を一段と緩和するとの観測が広がった。

  中国国家統計局が19日発表した10-12月期のGDPは前年同期比6.8%増。ブルームバーグが集計した予想中央値(6.9%増)を下回った。中国人民銀行(中央銀行)は成長支援に向け、16年前半に市中銀行の預金準備率を2回引き下げ、計0.5ポイントの利下げを実施する可能性があると、常健氏率いるバークレイズのエコノミストが同日のリポートで予想した。

  ブルームバーグの集計データによると、香港オフショア市場の人民元は現地時間午後4時53分(日本時間同5時53分)現在、前日比0.21%安の1ドル=6.5986元。中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、上海市場のオンショア人民元はほぼ変わらずの6.5790元。人民銀はこの日の中心レートを6.5596元に設定した。

原題:Offshore Yuan Drops on Stimulus Bets as Growth Misses Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE