コンテンツにスキップする

新興市場株、6年ぶり安値から反発-中国が刺激策拡大との観測で

19日の新興市場株は前日付けた2009年以来の安値から反発。中国の期待外れな経済指標を受けて、同国が刺激策を拡大するとの観測が広がった。

  MSCI新興市場指数は4営業日ぶりに反発し、香港時間午後1時40分(日本時間同2時40分)現在は前日比0.9%高の709.65。年初来では11%下落している。

  中国本土市場の上海総合指数は昨年11月以来の大幅な上昇。政府系ファンドの買い観測が広がる中、工業株を中心に買われている。香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が上昇。前日は11年以来の安値に落ち込んでいた。

原題:Emerging Stocks Rebound From Six-Year Low on China Stimulus Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE