米不動産投資会社スターウッド・キャピタル・グループと中国の資産家、郭広昌氏率いる復星国際は、ホテルに投資する不動産投資信託(REIT)のアセンダス・ホスピタリティ・トラストへの買収提案を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報の非公開を理由に匿名で語った同関係者によると、シンガポール上場のアセンダスに対し、スターウッドと復星国際は1月末にも買収案を提示する可能性がある。複数の関係者が今月語ったところでは、米ブラックストーン・グループと香港の基匯資本もアセンダスへの買収提案を考えている。アセンダスの時価総額は8億2200万シンガポール・ドル(約670億円)。

  アセンダスは先月、一方的な関心表明を受けて戦略的な選択肢を検討中だと説明していた。復星の広報担当者はコメントを控えた。アセンダス・グループの広報担当者は現時点でコメントできないと述べた。スターウッドの香港事務所に電話したが応答はなく、米国の担当者にも営業時間外に電話したが、連絡がつかなかった。

  アセンダスはオーストラリアと中国、日本、シンガポールに11のホテル(客室数4100)を所有する。コリアーズ・インターナショナルによると、豪ドル安や観光客数の記録更新でオーストラリアのホテル資産に対する海外投資家の関心が高まっている。アセンダスの資料によると、同社は昨年7-9月期の純不動産所得の56%をオーストラリアで稼いだ。

原題:Starwood Capital, Fosun Said to Consider Offers for Ascendas (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE