コンテンツにスキップする

脱北者の家の庭に舞い降りた北朝鮮の宣伝ビラ-心理戦強まる中

  • 日米韓首脳をからかう漫画が描かれた宣伝ビラなど100万枚近く配布
  • 金第1書記がいかに必死になっているかを示すと脱北者のイさん

南北軍事境界線のすぐ南側にある自宅の庭に北朝鮮の宣伝ビラが舞い降りてくるのを見て、イ・ミンボクさんは皮肉を感じた。同氏が20年余り前に脱北を決意したきっかけは空から降ってきた韓国の宣伝ビラだったからだ。

  北朝鮮が今月6日に4回目の核実験を行った後、南北間で心理戦がエスカレートしており、北側は100万枚近くの宣伝ビラを散布した。中には韓国の朴槿恵大統領がオバマ米大統領と安倍晋三首相にキスをする漫画が描かれているビラもあった。

North Korean propaganda

北朝鮮の宣伝ビラ

<イ・ミンボクさん提供>

  北朝鮮では農業の研究者だったイ・ミンボクさん(58)は「こうしたビラは金正恩第1書記がいかに必死になっているかを示している。これは金第1書記の攻撃ではなく、防御の一端だ」と指摘した。

 
  イさんが1990年に脱北するきっかけになったビラには、朝鮮戦争を引き起こしたのは韓国だと北朝鮮は国民にうそをついてきたと書かれていたという。脱北を果たして以来、イさんはできるだけ軍事境界線近くに住み、北朝鮮の一般市民が体制に反旗を翻すのを促すため、同様の宣伝ビラを散布する活動に従事してきたという。

原題:North Korean Propaganda Drops Into Defector’s Yard in the South(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE