コンテンツにスキップする

元シティのツォウ氏、シンガポールで自動車相乗り支援アプリ事業

元シティグループのバンカー、トレンス・ツォウ氏はシンガポールで自動車の相乗り支援アプリを展開する事業を始めた。このアプリは渋滞や大気汚染、通勤コストを減らすことに寄与するという。香港にも同様の事業モデルを投入できるよう、資金調達に向け協議中だという。

  同氏のライド・テクノロジーズはライバル企業グラブタクシーとの競争を勝ち抜き、海外での事業展開を図るため、約1000万シンガポール・ドル(約8億1500万円)の調達に向け協議している。2カ月前には事業の構想を基に出資を募る「シードラウンド」でシンガポールの投資家から200万シンガポール・ドルを集めていた。

  ライドの最高経営責任者(CEO)を務めるツォウ氏(40)は「香港にこの種のサービスがまだないことはまず間違いないとみており、進出を急いでいる」と述べた。出資候補者の具体名には言及しなかった。

原題:Ex-Citigroup Banker Wants to Take His Ryde App to Hong Kong(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE