コンテンツにスキップする

インド富豪アンバニ氏率いるリライアンス、原油安で利益膨らむ

  • 原油価格下落でリライアンスの石油精製マージンが増加
  • ブルームバーグ世界石油・ガス指数で最高のパフォーマンス示す

原油価格の下落と、それが世界経済に及ぼす影響によって多くの資産家が打撃を受けている。インドの資産家ムケシュ・アンバニ氏は例外だ。

  アンバニ氏は石油精製を手掛けるリライアンス・インダストリーズを率いる。世界最大規模を誇る同社の石油精製施設では原油安の影響で精製マージンが増加している。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、アンバニ氏の資産評価額は今年に入って15日までに6億2000万ドル(約730億円)増えた。これは、今年2番目に増加幅の多い米ウォルマート・ストアーズ創業者の子孫であるアリス・ウォルトン氏の1億3000万ドルのほぼ5倍に上る。世界の資産家上位400人のうちインド人は13人を占めるが、資産評価額が増えているのはアンバニ氏だけだ。

relates to インド富豪アンバニ氏率いるリライアンス、原油安で利益膨らむ

  ブルームバーグがアナリスト16人を対象に実施した調査の中央値によると、19日に発表されるリライアンスの2015年10-12月期利益は8年ぶりの高水準である698憶ルピー(約1200億円)になると予想されている。前年同期は509億ルピーだった。10-12月期の原油価格が前年同期に比べて平均42%下回ったことから精製マージンは増加し業績を下支えする見通しだ。

  このため、ブラックロックなどの企業がリライアンスに投資し、リライアンスは過去3カ月間、ブルームバーグ世界石油・ガス指数の構成銘柄の中で最高のパフォーマンスを示している。

原題:Billionaire Ambani’s Reliance Is Gaining From $30 Crude Price(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE