コンテンツにスキップする

1月18日の海外株式・債券・為替・商品市場-米市場は休場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎外為:資源国通貨が反発-中国人民銀行が人民元中心レート引き上げ

18日の外国為替市場では資源国通貨が反発し、円は4カ月ぶり高値 付近から下げた。中国人民銀行(中央銀行)が人民元の対ドル中心レー トをほぼ1カ月ぶりの大きさで引き上げ、神経質な市場の沈静化に努め たことが背景にある。

豪ドルは主要16通貨のうち13通貨に対して堅調となった。先週はほ ぼ7年ぶりの安値に下げていた。今週、経済指標の発表が相次ぐ中国で は、19日に昨年10-12月(第4四半期)の国内総生産(GDP)が発表 される。エコノミストの間では前年同期比6.9%増が予想されている。 中国はオーストラリアとカナダの主要貿易相手国。カナダ・ドルは今年 初めて上昇した。

スイスクオート・バンクの市場戦略責任者、ピーター・ローゼンス トライヒ氏は「外為市場の主な材料だったセンチメントが安定しつつあ る。それにより、過度に売られていた資源国通貨に回復の余地が生まれ た。しかし、この強気なモメンタムが続くとは考えていない」と述べ た。

ロンドン時間午後4時24分(日本時間19日午前1時24分)現在、豪 ドルは米ドルに対して前週末比0.2%高の1豪ドル=0.6875米ドル。対 ユーロでは0.5%高い1豪ドル=0.6316ユーロ。対米ドルでは前営業日 に0.6864米ドルと、2009年3月以来の安値を付けていた。

米ドルは対ユーロで0.3%上昇の1ユーロ=1.0887米ドル。円は対 米ドルで0.3%安の1米ドル=117円35銭。18日の米金融市場は祝日のた め休場。

人民銀は元の対ドル中心レートを0.07%引き上げた。これは昨年12 月21日以来の大きさ。今月前半は中心レートの予想以上の引き下げが世 界の金融市場を揺るがした。

人民銀は18日、海外金融機関による中国本土での元預金に対し25日 から預金準備率を適用すると発表した。適用する水準には言及していな い。

カナダ・ドルはほぼ13年ぶり安値から反発。ニューヨーク原油先物 相場はほぼ変わらず。

カナダ・ドルは対米ドルで0.1%高の1米ドル=1.4520カナダ・ド ル。一時は1.4660カナダ・ドルと、03年4月以来の安値を付ける場面も あった。

原題:Commodity-Exporter Currencies Gain as Yuan Rebound Calms Nerves(抜粋)

◎米国株:休場、キング牧師生誕記念日で

◎米国債:休場、キング牧師生誕記念日で

◎NY金:休場、キング牧師生誕記念日で

◎NY原油:休場、キング牧師生誕記念日で

◎欧州株:3日続落、約1年ぶり安値-銀行株の下げ目立つ

18日の欧州株式相場は3営業日続落。銀行株の下げが目立ち、指標 のストックス欧州600指数は約1年ぶり安値を付けた。

同指数は前週末比0.4%安の328.64と、2014年12月以来の安値で引 けた。寄り付き直後に1.2%高となったものの、その後は0.8%下げた。 銀行株指数は3営業日連続の下げとしては昨年8月以来の大幅安とな る7.5%の値下がりを記録した。

前週までの3週続落で、ストックス600指数は昨年4月に付けた過 去最高値からの下落率が20%を超え、弱気相場入りした。この日の出来 高は30日平均を約18%上回る水準だった。

MPPM(独エップシュタイン)のギレルモ・ヘルナンデス・サン ペレ氏は「中長期的には買いの機会だ」と述べた上で、「ボラティリテ ィ指数は落ち着きを示す水準からまだ程遠く、投資家は引き続きリスク オフのモードにある。このため、V字に回復する相場調整は見込めな い」と語った。

世界景気をめぐる懸念や原油急落が市場のセンチメントを支配し、 欧州の株価は欧州中央銀行(ECB)が量的緩和(QE)を開始すると 明らかにした時期の前の水準に戻った。ユーロ圏の株価下落に備えるオ プションの価格を示すVストックス指数は先週、昨年9月以来の高水準 に達した。

銀行株ではイタリアのモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナとバン カ・ポポラーレ・デレミリア・ロマーニャが大幅安。不良債権の規模を 懸念して売られた。ギリシャのアルファ銀行は9.2%急落。

この日の西欧市場では、イタリアのFTSE・MIB指数とポルト ガルのPSI20指数、ギリシャのアテネ総合指数の下げが目立った。フ ランスとドイツの株価指数は0.5%未満の下げにとどまった。

原題:European Stock Plunge Deepens in Volatile Trading as Banks Slump(抜粋)

◎欧州債:ポルトガル債下落、独国債とのスプレッド拡大-金融不安で

18日の欧州債市場ではポルトガル国債が下落。10年物国債のドイツ 国債に対する上乗せ利回り幅(スプレッド)は222ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)と、昨年7月以降の最大に拡大した。

ポルトガル市場は全般的に売り圧力を浴び、株価指数も約1年ぶり の安値まで売り込まれ、先進国の中で最悪のパフォーマンスとなった。

コスタ首相は15日、ノボ・バンコの一部債権者に損失受け入れを強 制した同国中央銀行の対応に懸念を表明。中銀の判断が国内金融システ ムへの信頼を損なう可能性があると指摘した。

ブラックロックでファンダメンタル債券の副最高投資責任者 (CIO)を務めるスコット・シール氏はブルームバーグとのテレビイ ンタビューで、「一部銀行で起こったことを」考慮して「投資家らが警 戒した」とし、「比較的マイナスな」政治情勢への反応で利回りが上昇 したと語った。

ポルトガル市場はここ数カ月にわたる障害を乗り越えてきた。ノ ボ・バンコは、バンコ・エスピリト・サントの優良資産を引き受ける 「グッドバンク」として昨年設立された。同年11月の総選挙で与党が第 2党の社会党に政権を譲って以来、ポルトガルは政治危機に見舞われて いる。

ロンドン時間午後4時50分現在、ポルトガル10年債利回りは前週末 比4bp上昇の2.77%。一時は2.78%と、11月13日以来の高水準に達し た。同国債(表面利率2.875%、2025年10月償還)価格は0.30下 げ100.86となった。

ブルームバーグ世界国債指数によると、ポルトガル国債の年初来の リターンはマイナス1.1%と、ユーロ圏でギリシャに次ぐ悪さとなって いる。これに対しドイツ国債はプラス0.9%、イタリア国債はプラ ス0.3%。ギリシャはマイナス4.5%。

原題:Portugal’s Markets Slide as BlackRock Says Bond Investors Wary(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE