コンテンツにスキップする

欧州債:ポルトガル債下落、独国債とのスプレッド拡大-金融不安で

18日の欧州債市場ではポルトガル国債が下落。10年物国債のドイツ国債に対する上乗せ利回り幅(スプレッド)は222ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、昨年7月以降の最大に拡大した。

Portugal-German Yield Gap at Widest in Six Months

  ポルトガル市場は全般的に売り圧力を浴び、株価指数も約1年ぶりの安値まで売り込まれ、先進国の中で最悪のパフォーマンスとなった。

  コスタ首相は15日、ノボ・バンコの一部債権者に損失受け入れを強制した同国中央銀行の対応に懸念を表明。中銀の判断が国内金融システムへの信頼を損なう可能性があると指摘した。

  ブラックロックでファンダメンタル債券の副最高投資責任者(CIO)を務めるスコット・シール氏はブルームバーグとのテレビインタビューで、「一部銀行で起こったことを」考慮して「投資家らが警戒した」とし、「比較的マイナスな」政治情勢への反応で利回りが上昇したと語った。

  ポルトガル市場はここ数カ月にわたる障害を乗り越えてきた。ノボ・バンコは、バンコ・エスピリト・サントの優良資産を引き受ける「グッドバンク」として昨年設立された。同年11月の総選挙で与党が第2党の社会党に政権を譲って以来、ポルトガルは政治危機に見舞われている。

  ロンドン時間午後4時50分現在、ポルトガル10年債利回りは前週末比4bp上昇の2.77%。一時は2.78%と、11月13日以来の高水準に達した。同国債(表面利率2.875%、2025年10月償還)価格は0.30下げ100.86となった。

  ブルームバーグ世界国債指数によると、ポルトガル国債の年初来のリターンはマイナス1.1%と、ユーロ圏でギリシャに次ぐ悪さとなっている。これに対しドイツ国債はプラス0.9%、イタリア国債はプラス0.3%。ギリシャはマイナス4.5%。

原題:Portugal’s Markets Slide as BlackRock Says Bond Investors Wary(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE