コンテンツにスキップする

タタ・スチール、英で1050人追加削減-冷え込む英鉄鋼業界に追い打ち

インドの鉄鋼メーカー、タタ・スチールは英国で1050人を追加削減する。急速に縮小する英鉄鋼業界にとって、さらに打撃となる。

  タタ・スチールは18日、ウェールズ南部のポート・タルボットで750人、イングランド中部のコービーと同北東部のハートリプールで計300人を削減すると発表した。同社は昨年10月に1200人の解雇とイングランド北東部のレッドカー工場の閉鎖を明らかにしたばかり。

  英鉄鋼業界では、サハウィリア・スチール・インダストリーズも9月にイングランド北部の工場閉鎖と約2000人の人員整理を決定した。

  タタ・スチール欧州部門のカール・ケーラー最高経営責任者(CEO)は「市場環境は極めて厳しく、これが近い将来にわたって続くと見込まれるため、今回のような厳しい措置が必要だった」と述べた。

 
原題:Tata Steel Cuts More Jobs in Blow to U.K.’s Shrinking Industry(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE