ロボットの台頭で消える職、20年までに500万人分余りも-WEF調査

  • 管理などホワイトカラーの職が最も失われやすい
  • ダボス会議はテクノロジーと労働市場に注目

遺伝学や人工知能(AI)、ロボット工学などの研究と技術革新によって、人類は2020年までに差し引き500万人分以上の職を失う可能性がある。世界経済フォーラム(WEF)の調査が示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。