コンテンツにスキップする

インド:12月貿易赤字は117億ドル、4カ月ぶり高水準-金輸入が急増

  • 輸出は15%減、輸入の減少幅は4%に縮小
  • 貿易統計発表後、通貨ルピーは一時上げを消す

インドの昨年12月の貿易赤字は8月以来の最大となった。金輸入が179%急増し、全体の輸入減少幅は縮小した。

  商工省の18日の発表によると、12月の貿易赤字は117億ドル(約1兆3720億円)と、11月の98億ドルを上回った。輸入は前年同月比で約4%減。11月は30%減だった。 輸出は約15%落ち込み、13カ月連続で前年割れとなった。

  金輸入額は38億ドルに膨らんだ。3月半ばまでの婚礼シーズンの需要が背景にある。世界的な価格下落も金需要の要因となった。

  通貨ルピーは統計発表直後に一時上げを消した。ムンバイ時間午前11時9分現在は0.1%高の1ドル=67.55ルピーで推移。

原題:India Trade Deficit at Four-Month High as Gold Imports Jump (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE