コンテンツにスキップする

アジア株:MSCI指数、下落-日豪株の弱気相場入り迫る

18日のアジア株式相場は下落。中国株に続き、日本株とオーストラリア株が弱気相場入りに近づいている。原油価格が下げ続けており、世界経済をめぐる懸念が強まった。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後4時6分(日本時間同5時6分)時点で前週末比0.9%安の119.05。年初来の下落率が9.8%に広がった。日経平均株価は1.1%安で終了。一時は2.8%安を付けた。

  豪州の株価指標S&P/ASX200指数は0.7%下げた。日豪の両指数とも、2015年の高値からの下落率が19%と、弱気相場入りを示す20%下落に接近している。

原題:Asian Stock Rout Deepens as Japan, Australia Bear Markets Loom(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE