コンテンツにスキップする

中台関係、新たな岐路に-独立志向の強い民進党が台湾総統選で圧勝

台湾で16日投開票された総統選挙で最大野党、民主進歩党(民進党)の蔡英文主席が地滑り的勝利を収めたことで、中台間の緊張が再び高まろうとしている。中国側は台湾の次期総統に就く蔡主席が独立志向の強い民進党の目標をどの程度推し進めようとするのか見極める構えだ。

  民進党は同時に行われた立法院(国会に相当)選でも初の議席過半数を獲得。現職の馬英九総統率いる国民党政権が2期8年間に進めた中国との関係改善に対して有権者の間に広がった懐疑的見方が、政権交代に一定の役割を果たした。

  中国社会科学院の許世銓上級研究員(北京在勤)は、「中台関係が新たな岐路に立つことになる。唯一確かなことは今後の行方が不確実だということだ。今のところ、中台関係がどこに向かいつつあるのは分からない」と述べた。

  香港バプティスト大学のジャンピエール・セバスチャン教授(政治学)は、「中台関係の揺れが大きくなるだろう。中国の関心は台湾の対中依存を高めることで、対中依存を小さくすることではない。中国側は蔡次期総統を弱め孤立化させようとするだろうが、台湾との全ての関係を断ち切ろうとはしないだろう」と語った。

原題:China Prepares for Worst After Tsai Victory Upends Taiwan Plans(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE